123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-07-27 (Sat)
もう何年も前のことですが、警察からお呼び出しをくらって出頭したことがあります。

・・・なんてことを書くと、何をやらかしたのかと思われそうですねw

いえ、お手紙をいただいたときには、自分自身も忘れていて、何事かとびっくりしたんですけども。
なんのことはない、しばらく前に落し物として届けたお金の持ち主が現れず、あなたのものになりましたから引き取りにきてもらっていいですよ的な(ずいぶん前のことなので詳細は忘れましたが恐らくそんな)お知らせでした。

拾ったのは、お財布ではなくハダカのお金でした。
ショッピングセンターの前に落ちていて、1万円札が2枚だったか3枚だったか。近くにATMがあったので、そこで下ろして落としてしまったものと思われました。
お店の前にあったのだから、届けるのは警察ではなくてそのお店でいいだろうと、そのまま中に入ってサービスカウンターに持っていったんです。
→ ReadMore
| エッセイ風味 | COM(2) | | TB(0) | |
2013-07-25 (Thu)
今私が住んでいる地域では、子供たちの夏休みのラジオ体操は7月後半と8月後半にそれぞれ5日間くらいずつ集まってやるだけで、毎日はやっていないようです。
それも本当に任意のゆるーい集まりで、日程の告知も掲示板にひっそりとされている程度。
気にしていなければ、いつ始まっていつ終わったのかも知らないまま夏休みが終わってしまいます。
実際うちの娘などは朝が弱かったこともあって、小学校6年間のうち全部あわせても2~3回しか参加しませんでした。

もしかしたら今はどこもそんな感じなんですかね。
ハンコ押してもらうカードとかはまだあるんですかね。

私が子供のころはといえば、ラジオ体操は毎日参加が当たり前で、それは夏休みの宿題の一部といってもいいくらいの重要な行事でした。
小さな村の昔の話ですのでとくに監督の大人などはおらず、しかし子供だけでも誰もサボる者もなくきちんと集まって、毎日真面目に歌を歌い、熱心に体操をしていました。
(おかげで今でもちゃんと歌も体操も憶えていますヨ!)

毎年、一番年上の男の子がリーダーになってラジオを持ってきたりハンコを押す係をやっていました。
人が替わるだけで、毎年やっていることはリーダーの仕事も体操自体も同じです。
でもある年は、いつもとちょっと様子が違っていたんです。
→ ReadMore
| エッセイ風味 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-07-23 (Tue)
夏休みに入りましたが、毎日部活三昧の我が家の娘は、相変わらずのお弁当生活です。

「そういえば今日の弁当はみんなすごかったわー。」

帰ってきて空の弁当箱を出すなりそう言うので、丑の日だからと鰻でも持ってきた子がいたのかと思ったら、どうやらそういうことではなく・・・。

「まず後輩がカレーだったのね。そんで友達が冷やし中華だったw」

なるほど。
『すごかった』は豪華っていう意味じゃなく、おもしろかったという意味だったのか!
カレーはたまに聞くけれど、お弁当に冷やし中華はなかなか斬新ですね。

「麺と具は別々のタッパーに入れてあってさ。袋のたれをかけて麺をほぐして、それからすっごい楽しそうに具をトッピングするんだよーww」

なんだか微笑ましい光景が目に浮かびます。
どうやらその子は麺類がとても好きなようで、過去にも何度も素麺やらスパゲッティやらをお弁当箱いっぱいに詰めて持ってきているとのこと。

「でもカレーや冷やし中華はまだ普通だったわ。別の友達がものすごいもの出してきたw浅い水筒?みたいなのが出てきたから味噌汁でも持ってきたのかと思ったらさー。」
→ ReadMore
| エッセイ風味 | COM(2) | | TB(0) | |
2013-07-21 (Sun)
子供のころ、家のすぐ近くに住んでいた同級生の男の子のことが、なんとなく好きでした。
小学校は集団登校だったので朝は毎日一緒に学校へ行ったし、バス通学だった中学校でもいつも同じバスに乗っていました。
けれど通学中も学校でも特別仲良く話をするわけでもなく、休みの日に遊んだりするわけでもなく、その関係はどこまでいっても、ただ家が近いだけのおさななじみといった感じでした。

そんなふうだったので、別々の高校へ通うようになってからはずいぶんと疎遠になりました。
ほとんど会わないし、たまに近所で会っても軽く挨拶するくらい。
ところがある日、久しぶりに学校帰りのバスの中で会った彼が、こんなことを言ったんです。

「俺の学校、ぜんぜんイイ女いないんだよなー。お前んとこカワイイ子いる?誰か紹介してくんない?」

これが少女マンガなら、「ここにいるじゃん!」と答えて見事ハッピーエンドな展開が待っているんでしょうか。
あるいは冗談だと思われても、それはそれで話がはずむならアリじゃないですか。
でも現実の私はそんなとっさに気の利いたことを言える人間ではなく、

「もったいなくてあんたに紹介できるような子はいないなー(笑)」

と返すのが精一杯だったんですよね・・・。
高校時代、まともな会話はこれが最初で最後だったような気がします。
そして卒業後は私が家を離れてしまったのもあって、話どころか会うことさえも、何年もなくなってしまいました。

ようやく話ができたのは、それから10年以上も経ってから。
娘を見て「お前の子供の頃によく似ている」と言ってくれましたが、まさかそれが本当の「最後」の会話になってしまうとは――。
→ ReadMore
| エッセイ風味 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-07-15 (Mon)
前回、とあるスーパーの惣菜屋さんの話を書きました。
実は私自身、惣菜屋さんでアルバイトをしていた経験があります。
スーパーではなく個人の小さな店舗でしたが、前回の記事のお店と同じような悩みはやはりありました。

私が働いていたところではパックの容器もそうですが、それをとめる輪ゴムのほうが、ごっそりなくなっていることが多かったです。
ただ、小さなお店ですから目が届きやすく、挙動が怪しい人はすぐわかるんですよね。
常連さんでひとり、ものすごく大胆なおばさんがいて、わかりやすいなんてもんじゃないくらいわかりやすい人だったので、その人が来店されるといつも、スタッフ一同「来たな!?」という雰囲気で見守っていたんです。

おばさんは、入ってくるなり入口付近の容器&輪ゴムが置いてあるエリアへ直行します。
普通は売り場を見渡して今日はどんな惣菜が置いてあるかを確認してから買うものを決めて、それから容器を取りに行く流れになると思うのですが、おばさんはハナから惣菜なんて見ない。まったく見ない!
ただただこちらに背を向けて(惣菜にも背を向けて)、しばらくそこでごそごそしています。

「買い物に来たならとりあえず、フリでもいいから商品を見ようかwww」

奥でスタッフたちが生温かく見守っているのもぜーんぜん気がつく様子がありません。
おばさんがお惣菜を見るのは、最後に義理でひとつだけ買っていく一番安いコロッケだけ。
本当に、惣菜にはまったく興味がないんですね!

しかししかし。
おばさんの行動はこれにとどまらず、しばらくするとついには70円のコロッケひとつさえも買わずにパックと輪ゴムだけを持ってお帰りになるようになってしまったのです。
最初は「一応あんなんでもお客様だし」と言っていた店長も、これはさすがになんとかしなければと思い始めたようです。
→ ReadMore
| エッセイ風味 | COM(2) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。