12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-07-21 (Sun)
子供のころ、家のすぐ近くに住んでいた同級生の男の子のことが、なんとなく好きでした。
小学校は集団登校だったので朝は毎日一緒に学校へ行ったし、バス通学だった中学校でもいつも同じバスに乗っていました。
けれど通学中も学校でも特別仲良く話をするわけでもなく、休みの日に遊んだりするわけでもなく、その関係はどこまでいっても、ただ家が近いだけのおさななじみといった感じでした。

そんなふうだったので、別々の高校へ通うようになってからはずいぶんと疎遠になりました。
ほとんど会わないし、たまに近所で会っても軽く挨拶するくらい。
ところがある日、久しぶりに学校帰りのバスの中で会った彼が、こんなことを言ったんです。

「俺の学校、ぜんぜんイイ女いないんだよなー。お前んとこカワイイ子いる?誰か紹介してくんない?」

これが少女マンガなら、「ここにいるじゃん!」と答えて見事ハッピーエンドな展開が待っているんでしょうか。
あるいは冗談だと思われても、それはそれで話がはずむならアリじゃないですか。
でも現実の私はそんなとっさに気の利いたことを言える人間ではなく、

「もったいなくてあんたに紹介できるような子はいないなー(笑)」

と返すのが精一杯だったんですよね・・・。
高校時代、まともな会話はこれが最初で最後だったような気がします。
そして卒業後は私が家を離れてしまったのもあって、話どころか会うことさえも、何年もなくなってしまいました。

ようやく話ができたのは、それから10年以上も経ってから。
娘を見て「お前の子供の頃によく似ている」と言ってくれましたが、まさかそれが本当の「最後」の会話になってしまうとは――。
→ ReadMore
スポンサーサイト
| エッセイ風味 | COM(0) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。